レイキがくれた贈り物~こころと身体の不調を癒す靈氣セラピー~

レイキセラピスト&直傳靈氣療法士が,レイキ(靈氣)を取り入れた心地よい暮らしをご紹介しています。レイキは日本発祥のハンドセラピー。自然の「氣」を使ったお手当てで心と身体が癒され,不調の改善にも役立ちます。

両親に靈氣(レイキ)のプレゼント

先週,両親がうちに来た時に靈氣セラピーをじっくり受けてくれました。

 両親は靈氣(レイキ)を気に入ってくれていて,今ではわたしのお得意様です♪

            ☆

まずは父親から。

肺の機能が少々弱い父は,ふだんは元気なのですが,歩きすぎたりすると疲れやすいのです。  

マッサージベッドの上に寝てもらい,気管と肺を中心にレイキをしました。

 

気管にも肺にも,幅広い範囲でビリビリとした病腺(ヒビキ)が感じられる中,両方の肺の下の方がとても冷たく堅い感覚だったのが気になりました。

 途中からはずっと,その箇所に手を当てていました。

 

そのうちに,その部分の冷たさがとれて柔らかい印象になり,徐々に温かさへと変わっていきました。

 それにつれて病腺(ヒビキ)も浮き出て来て,そのうちわたしの手首のあたりまでびりびりとした感覚が上がってきました。

 そのまま手を当て続けていると少しずつ病腺(ヒビキ)も落ち着いてきました。

 

反応が出てくるのはやや遅かったのですが,ちゃんと病腺(ヒビキ)が弱くなってきているのは治癒反応が進んでいる証拠。ひと安心です。

 父は,意識がほとんどなくまどろんだ状態を楽しんでいたようです。

            ☆

次は母親です。

母は最近肩を痛め,一時期は寝るのも辛かったとのこと。

病腺(ヒビキ)の強いところを中心に痛い方の肩に靈氣をしました。

靈氣を始めると早速熱く,さらにジンジンとした感覚の病腺(ヒビキ)が出てきました。

母もすぐに熱さを感じたようで,「熱い…」と驚いていました。

 

庭仕事をして腰が痛いとのことでしたので腰にも手を当てさせてもらいました。

 腰にも,「ビリビリ」とした感覚の病腺(ヒビキ)がありました。

 

母のときは全部で30分ぐらい。

反応がよく,病腺(ヒビキ)が収まるのが早かったので手ごたえがありました。

終わった直後,母は,肩を回してみても痛みも違和感も全くなく,「さっきと全然違う!」と言って喜んでくれました。

            ☆

翌日,母からメールが♪

父は,うちに来た時にあちこち歩きまわっていたので普段なら翌日まで疲れが残るのに,今回は全く疲れが残っていなかったそうです。

母は,「肩も腰も全く痛くない」と喜んでくれていました!

            ☆
両親に靈氣を喜んでもらえて娘としては嬉しい限りです!

 

でも本当は,2人に靈氣をすることで私の方が癒されていて,愛のプレゼントをもらっているのです。

 

靈氣(レイキ)には,相手や自分の中にある純粋な気持ちを引き出してくれる力があるように思います♡

 

レイキセラピスト&直傳靈氣療法士

f:id:m-reiki:20171104132846j:plain