レイキがくれた贈り物~こころと身体の不調を癒す靈氣セラピー~

レイキサロン『春の小部屋』(最寄り駅:東京・中央線国立)のレイキセラピスト&直傳靈氣療法士が,レイキ(靈氣)を取り入れた心地よい暮らしをご紹介しています。レイキは日本発祥のハンドセラピー。自然の「氣」を使ったお手当てで心と身体が癒され,不調の改善にも役立ちます。

レイキの練習交流会で楽になった足の痛みと肩の凝り

f:id:m-reiki:20171207190842j:plain

12月に入り,空気がすっかり冷たくなりました。

 

最寄りの駅からの帰り道,木々の枝から落ちて重なり合った落ち葉の上を,かさこそと音を立てながら歩いてみましたら,足の裏から伝わって来る乾いた枯れ葉の感触が,冬の風情を感じさせてくれました♡

  ♡

 

先日,わたしがレイキを学んでいる「香りの森」の練習交流会に参加してまいりました。

 

練習会では,以前「香りの森」で1度だけお会いしたことのある受講生さんと再会し,練習会が始まる前はプチ同窓会のような時間になりました。

 

半年以上前のことなのに,お会いした日のことは2人ともとてもよく覚えていて,お互いの記憶をすり合わせながら,思い出話(?)に花を咲かせておりました。

  ♡

 

最初にお会いした頃とは打って変わって寒い季節になりましたが,練習会が行われていた部屋はぽかぽかと暖かく,相変わらずの居心地のよさをみんなで満喫。

 

お互いにレイキをしていると,氣の流れがよくなって身体の芯から温まってきて,温かいを通り越して熱くなってしまいました。

   ♡

 

足を痛めた方がお1人いらっしゃって,その方の足にレイキをさせていただくことができました。

 

足に手を当てた瞬間,痛めたところが熱を持っているのがわかりました。

 

しばらく手を当て続けていると,痛みのあるところよりもやや上の方からビリビリとした感覚が伝わってきます。

 

そのうち,痛みのあるところからも熱さの中からきめの細かい感じのビリビリ感が出て来て,私の両腕までその感覚が伝わってきました。

 

そのままじっと手を当てていると両腕のビリビリも収まり,やがて痛みのある箇所のヒビキも落ち着きました。

 

ヒビキ(病腺)が収まったのできっと楽になっていると確信しながら,レイキの時間が終わったあとに感想を伺ってみると…。

 

その方は,歩き回りながら何度も「すっごく楽になってる!」と嬉しいお言葉をおっしゃってくださいました☆

  ♡

 

最後はわたしがベッドの上でみなさんからレイキをしていただく番でした。

 

手を当てられた瞬間から,肩から背中からじわ~っとしみ込んでくるレイキのエネルギー♡

 

気がつかないうちに疲れがたまって,肩や背中が固くなっていたようです。

 

身体が緩んでいくと同時に疲れが溶けだし,心も緩んでいきました。

 

あまりにも気持ちよくて,そのまま意識が半分なくなってしまいました(笑)

 

レイキが終わってみると身体がとっても軽くなってスッキリし,優しい気持ちに満たされていました。

  

レイキは本当に心地よくて,やっぱり大好きです♡♡

  ♡

 

練習会が終わり帰る時間がやってきて外に出てみると,もう夕方なのに意外と寒くは感じませんでした。

 

レイキで身体が芯から温まったからだと思うのです。

 

一緒に参加された方々もレイキ三昧の時間を満喫され,ヒビキの感覚もしっかり分かったと,とても満足されていました。

 

いつかまたお会いしましょうと約束しつつ,みなさんとお別れしました。

 

レイキで知り合ったお仲間とは,いつもどこかでつながっているような気がするのです。

 

また1つ,幸せなレイキの想い出が増えました♡