レイキがくれた贈り物~こころと身体の不調を癒す靈氣セラピー~

レイキサロン『春の小部屋』(最寄り駅:東京・中央線国立)のレイキセラピスト&直傳靈氣療法士が,レイキ(靈氣)を取り入れた心地よい暮らしをご紹介しています。レイキは日本発祥のハンドセラピー。自然の「氣」を使ったお手当てで心と身体が癒され,不調の改善にも役立ちます。

アソシエイトレイキマスターの資格を取得しました。

f:id:m-reiki:20180317150529j:plain

今の季節は空気まで桜色に染まっているようで,じっとしているのがもったいなくて何だかソワソワしてしまいます。

 

今年は桜の咲く時期と重なって特別な出来事がありました。

今週始めに,香りの森でアソシエイトレイキマスターの資格を取得いたしました!

これからは,レイキ(靈氣)を習いたいと言っていただいた方にレイキのレベル1をお教えすることが出来るようになりました。

 

レイキ(靈氣)はどなたの身体にも流れている自然のエネルギーなのですが,そのエネルギーの流れる量を増やして「お手当て療法」として活用しているのが「レイキヒーリング」です。

レイキヒーリングが出来るようになるために身体の中の「レイキの流れ」を良くする技法を,「アチューンメント」といいます。

 

レベル1の講習で「アチューンメント」を受けて,手の当て方のコツを習得するとレイキ(靈氣)が使えるようになります。

今回は,その「アチューンメント」のやり方と「レベル1」の講習の仕方をじっくりとご指導いただきました。

いつも受講生さんの立場に立っていらっしゃるレイキの師匠の姿勢と高い意識の持ち方に,多くのことを学ぶことができました。

 

師匠のブログでご紹介いただきましたので、シェアさせていただきます

reiki-cases.hatenablog.com

 

レイキを始めたばかりのころは,とにかくレイキを受けることが大好きでした。

その後,自分がレイキの恩恵をたっぷり受けて元気になると,ほかの方にレイキを受けていただいて,痛みが緩和されたり凝りがなくなったりするのを喜んでいただくのがとても楽しくなりました。

そして今回はレイキ(靈氣)をお教えする立場としての,技術や意識の持ち方などを学びました。

 

ここに至るまでの間,レイキのエネルギーが少しずつ広がりながら循環していったように感じています。

人の成長にも似ているな・・・とも思います。

赤ちゃんのときはお母さんからの愛情をたっぷりと受けて育って,そのうちに少しずつお母さん以外の人たちとの関わるようになり,やがて愛情を交換することを覚えて,今度は愛情を与えて育てる側になる・・・。

f:id:m-reiki:20180330152618j:plain

 

わたしも,自分が弱って困っていた時にたっぷりとレイキを受けて育てていただきました(笑)

レイキと出会えたこと,レイキの力で元気になれたことにとてもとても感謝しているので,少しでもご恩返しをするために,わたしには何ができるかといつも考えていました。

今回教わったことをしっかりと習得して,かつて自分が受けた恩恵をほかの方にもお伝えできるようになれたら,それが本当のご恩返しなのかな…と思っています。

 

まずは先日,主人にアチューンメントを受けてもらいました。
次は娘が受けてくれる予定です。

最初のころはレイキのことをすんなりとは受け入れられなかった主人と娘。

その後,レイキの効果をさまざまな場面で実感してくれて,今ではレイキはすっかり暮らしの中に溶け込んでいます。

 

特に娘は,スポーツで負傷している友達のために何かしたいと言っていて,今度は自分がレイキを習うと張り切っています。

わたしの受講生さん第一号となってくれる予定です!

その次はおそらくわたしの母です。母はレイキをとても気にいってくれています。

 

これから、レイキの優しいエネルギーでみなさまの元へ笑顔をお届けできますようにと願っています。

 

レイキセラピスト Mio