レイキがくれた贈り物~こころと身体の不調を癒す靈氣セラピー~

レイキサロン『春の小部屋』(最寄り駅:東京・中央線国立)のレイキセラピスト&直傳靈氣療法士が,レイキ(靈氣)を取り入れた心地よい暮らしをご紹介しています。レイキは日本発祥のハンドセラピー。自然の「氣」を使ったお手当てで心と身体が癒され,不調の改善にも役立ちます。

娘の慢性頭痛がレイキ(靈氣)で治ったときのこと

f:id:m-reiki:20180216171113j:plain

昨日は上の娘が,久しぶりに頭が痛いと言い出しました。

 

ここのところ毎日バイトで夜も遅く,疲れが溜まっていたようです。

 ♡

 

手を当ててみると,確かに強いヒビキが・・・。

 

かなり緊張が続いていたようです。

 

頭頂部の特に右の辺りから,ビリビリと痛いほどの反応が手に伝わってきます。

 

「これは痛いよね~。疲れてたんだね~」と言いながら,手を当てること数分。

 

すぐにヒビキが収まってきて,緊張が緩んでくるのが分かりました。

 

娘はもう大きいのですが,ネコのようにごろんと横になってわたしに身を任せています。

 

しばらくすると(10分程度?)

「お風呂に入って来る」

と言って,立ち上がり1階へ降りて行きました。

 

時間は短かったのですが反応が早く,ヒビキもだいぶ治まったのできっと楽になったはず。

 

お風呂から上がると娘はずいぶんすっきりした表情で,「楽になったよ~!」と言ってくれました。

 

今朝もすっきり元気に学校へ行きました!!

♡♡♡♡♡


実は,娘は数年前まで,ひどい慢性頭痛の持ち主だったのです。

わたしと同じでした。

「頭がいつも何となく重い」とか「疲れると締め付けられるように痛い」とかいうことを,よく訴えていました。

病院に行って検査をしてもらいましたがとくに異常はなく,薬をいただいただけでした。
♡♡♡♡♡

わたしがレイキを習ってから,自分自身の慢性頭痛が治った経験から確信を得て,娘に1週間ほど毎日1時間ずつぐらい頭にレイキをし続けたのです。

最終日には1日3時間も手を当て続けました。

最後の方は,手を当てていると頭の別のところがあちこち痛くなるので,娘がわたしの手を持って痛みのあるところに勝手に移動させていました(笑)

最終的には痛みからすっかり解放され,頭がほんとにスッキリして軽くなったと喜んでいました。

そして,その日を境に娘の頭痛はうそのように治ってしまったのでした!!
♡♡♡♡

ですから昨日は,娘にとってはそのとき以来の久しぶりの頭痛でした。

娘も昔のことを思い出したようで,こんな風に言ってくれました。

「そういえば以前は,いつも頭が重くて,締め付けられているような状態だったな~。今日の痛みで思い出した。あんな頭痛もすっかり治って,元気になった。ママのおかげだよ~。ありがとう♡」

なんて嬉しいことを・・・♡
♡♡♡♡♡

慢性的な頭痛は,病院で検査をして病気が原因ではないことを確認することは大切ですが,異常がない場合,対処法が薬しかありませんでした。

 

そのうちなんだかその状態が当たり前のようになってしまって,軽いうちは痛みを我慢しながら,ひどくなったら薬に頼るしかないような生活になるので,ほんとうに辛いのです。

自分のエネルギーの半分以上を,頭痛の悩みに消費していたような毎日でした。

 

そんな辛い頭痛からわたしも娘も自由になれた体験はとても貴重だということを,昨日の娘の言葉を聞いて実感しました。

♡♡♡♡♡

 

わたしのレイキの師匠,仁科まさき先生のHPの「頭痛への対処」というページが感動的なほど分かりやすいので,ご紹介いたします。

 

頭痛に悩んでいる方がいらっしゃいましたら,参考にしていただけると幸いです。

messia.com